骨粗しょう症と歯科治療|藤沢の歯医者|井上歯科医院

新型コロナウイルスについてのお知らせと患者様へのお願い(※スタッフ全員コロナワクチンの接種済み)

医院横の駐車場利用停止のお知らせ(2022年7月より)

インプラント・入れ歯・精密根管治療 / 5年保証

抜かない治療にこだわります

神奈川県藤沢市藤沢1044-36 Primavera3階

藤沢駅からのご来院方法(道順)はこちら

お問い合わせ

新規患者さまの受付一時停止のお知らせ>>

0466-29-2018

【電話受付時間】月・火・水・金
10:00~13:00/14:30~18:00

骨粗しょう症と歯科治療

投稿日:2022年6月28日

カテゴリ:スタッフブログ 未分類

こんにちは。

歯科医師の白井です。

まだ6月なのに、こんなに暑くて体がついていかない今日この頃です。

皆さんはいかがお過ごしですか?

さて、今日は骨粗しょう症についてお話します。

骨粗しょう症、聞いたことがある方多いと思います。

骨粗しょう症とは、骨の強度が低下して骨折しやすくなる骨の病気です。

この病気による骨折から、介護が必要になる方もいらっしゃいます。

治療薬として、ビスフォスフォネート製剤(BP製剤)があります。

しかし、このBP製剤を服用している方が抜歯など顎骨に刺激が加わる治療を受けると

顎骨壊死が起こる場合があると報告されています。

BP製剤を服用している方で、歯科を受診する時に注意が必要な処置があります。

抜歯、インプラント、歯周外科など顎骨に侵襲が及ぶ治療です。

  BP製剤の投与期間が3年未満かつリスク要因(ー)の場合→ 

                原則として休薬しない

  BP製剤の投与期間が3年以上、またはリスク要因(+)ステロイドの内服の場合→ 

                主治医と相談で休薬が望ましい

長期にBP製剤を服用していても、歯を削る、型を取る、入れ歯を作るなどは処置する事は出来ます。

このように歯科治療で注意が必要なお薬があります。

歯科受診の際には、お声がけ頂きたいと思います。

ソース画像を表示

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る