インプラント治療の流れ|藤沢の歯医者|井上歯科医院

新型コロナウイルスについてのお知らせと患者様へのお願い(※スタッフ全員コロナワクチンの接種済み)

【ご予約について】大変混み合っており12/20以降のご予約となります。
※新規患者さまの受付は平日(月・火・水・金)とさせて頂いております。予めご了承ください。

インプラント・入れ歯・精密根管治療 / 5年保証

抜かない治療にこだわります

神奈川県藤沢市藤沢1044-36 Primavera3階

藤沢駅からのご来院方法(道順)はこちら

お問い合わせ

0466-29-2018

【受付時間】月・火・水・金
10:00~13:00/14:30~18:00

インプラント治療の流れ

安心・安全を心がけたインプラント治療の流れをご紹介いたします

インプラント治療の流れ

当院では、安全にインプラント治療を行うために、サージカルガイドというガイドシステムとCTを使用しております。インプラントをこのガイドとCTを使用せずに行うことは手術ミスを誘発する原因となることがあるからです。確実にインプラント治療を終えるための大事なCTとサージカルガイドを使用したインプラント治療の流れをご紹介します。

診査・診断

検査診断インプラント治療をご希望の方に、適切なインプラント治療が行えるかを見極めるため、診査・診断を実施いたします。

こちらは、口腔内の状態を検査し、治療方法・治療計画などを十分に説明、同意の上、右下の水色の○にインプラント治療をすることになりました患者さまです。

専用のマウスピースをお口にはめて3DCT撮影をします。

※インプラント治療は、全ての人に実施できるわけではありません。全身疾患や局所的な原因でインプラントが適さない場合もあるため、事前の診査・診断が重要となります。

診断結果の分析、治療法の考察

治療法の考察3DCT撮影後、様々な方向から骨の厚み、神経までの距離などを検査して、インプラントをどの方向に入れ、太さや長さ、出来あがる歯の形などを考えて診断します。

インプラントレポートの作成

インプラントレポートの作成そして、インプラント治療計画レポートが出来ます。緑の○にインプラントの太さや長さも記録されます。

インプラントレポートの確認

インプラントレポートの確認再度、インプラントの太さ、長さ、使用するインプラントなどを確認します。

サージカルガイドづくりのため、ドイツへデータを輸送

ドイツへデータを輸送作成したデータを元にオーダーメイドのサージカルガイドを作るため、専用マウスピース、治療計画データCD、模型をドイツの製作工場へ送ります。

(この写真は、イメージです)

サージカルガイドの到着

サージカルガイドの到着このようなマウスピースがドイツより送られてきます。

マウスピースにあいている穴の部分にインプラントドリルを通し、決められた角度の中で、骨を削っていきます。

(この写真は、イメージです)

ガイドを用いてインプラント手術を実施

ガイド通りにインプラント手術局所麻酔を実施後、マウスピース(サージカルガイド)をお口に装着し、顎骨にインプラントを埋入します。

こちらはインプラントを埋入した直後のレントゲン画像です。術前のシミュレーション通りの位置に埋入できているのがお解り頂けると思います。

手術後は埋入したインプラントと顎骨が結合するまで、しばらく期間をおきます。

インプラント治療

かぶせ物(人工歯)の製作と装着

かぶせ物(人工歯)の製作と装着インプラントと顎骨がしっかりと結合した後、型取りを行い、かぶせ物(人工歯)を製作します。

当院では、患者さまのご希望をしっかりとお聞きし、見た目はもちろん、違和感なく噛めることや長持ちにこだわったかぶせ物(人工歯)の製作に努めております。

完成したかぶせ物(人工歯)をインプラントの装着して治療完了です。

メインテナンス

メインテナンスインプラントを良好な状態で維持していただくためには、日々のセルフケアと歯科医院での定期検診が重要となります。

メインテナンスの頻度は個人差がありますが、基本的には半年~1年に一度ご来院いただき、口腔内の検診やクリーニング等を実施いたします。

治療費について

インプラントの治療費については治療費ページ>>をご覧ください。

トップへ戻る