虫歯治療|藤沢の歯医者|井上歯科医院

新型コロナウイルスについてのお知らせと患者様へのお願い

インプラント・入れ歯・精密根管治療 / 5年保証

抜かない治療にこだわります

神奈川県藤沢市藤沢1044-36 Primavera3階

虫歯治療

天然歯の保存にこだわった井上歯科医院の低侵襲虫歯治療

低侵襲虫歯治療

井上歯科医院では、患者さまの大切な天然歯をできるだけ保存・維持する事を目指しております。そのため、虫歯治療が必要な場合にも、できるだけ「削らない・抜かない」をモットーに最小限の処置に努めております。当院がご提供する低侵襲虫歯治療についてご紹介致します。

虫歯の状態と適切な治療法

虫歯は一日で重症化することはありません。徐々に感染範囲を広げながら歯の内部へ進行し、歯を蝕んでいきます。虫歯の進行度合いは、虫歯を表すcarious(カリエス)の頭文字であるCと数字の0~4を組み合わせた5段階に分けられ、必要な処置が異なります。井上歯科医院では虫歯の状態をしっかりと見極め、最も適した治療法のご提供に努めております。

【C0(脱灰)/C1(エナメル質の虫歯)】初期虫歯

初期虫歯C0は歯の表面が溶け始めた脱灰という状態で、C1は歯の一番外にあるエナメル質が虫歯になっている状態です。どちらも初期段階の虫歯です。

C0とC1の状態であれば、歯を削るなどの処置を行わずとも、正しいブラッシングを心がけ、歯の修復機能である再石灰化を促すことで健康な状態に戻すことが出来ます。C0・C1 の虫歯に対して実施する処置は以下となります。

※C1の場合でも、見た目が気になったり、悪化したりする可能性が高い場合には、切削を抑えて治療を実施します。

フッ素塗布で再石灰化促進

フッ素塗布

フッ素を歯面に塗布することによって、歯質の強化や虫歯菌の活動を抑えることが出来ます。また、フッ素には歯を修復する「再石灰化」を助ける効果があるため、脱灰状態やエナメル質の虫歯の処置に効果的です。歯科医院で使用するフッ素は濃度が高いため、定期的に行う事で高い予防効果を得ることができます。

セルフケアの向上

歯磨き指導

虫歯の悪化を抑え、健康な状態を保つためには毎日行う歯磨きがとても重要になってきます。初期段階の虫歯であれば、セルフケアを徹底することで進行を止め、正常な状態へ戻す事も可能です。当院では歯磨き指導をはじめ、効果的な口腔ケア用品のアドバイス等を行い、セルフケアの向上に努めています。

PMTC(歯のクリーニング)

PMTC

お口の中には、毎日の歯磨きでは取り除くことが出来ない歯石やバイオフィルムという細菌の塊が形成されます。それらはお口の環境を悪化させる要因ですので、PMTCという専門器具を用いた歯のクリーニングを行い、歯面や歯間に付着した汚れを取り除きます。汚れの再付着も抑えられ、効率的な予防が可能です。

ダイアグノデントで初期虫歯の早期発見を徹底

ダイアグノデント

ダイアグノデント当院のむし歯検査はダイアグノデントという「むし歯発見器」のような機器を使用して行います。実は、目視で初期の隠れたむし歯をすべて発見するのはほぼ不可能で、触診を行うと歯面を破壊してしまう可能性があるのです。

このダイアグノデントという機械のペンライト部分からはレーザー光線が出ます。この光線を歯に当てるとむし歯数値が計測されます。この数値の大小でむし歯があるかどうかが判断できるのです。目視と合わせてむし歯検査の際に利用し、見落としのないようにしています。

▼ダイアグノデントで虫歯を発見後は、必要に応じた治療を行います

虫歯治療

C2(象牙質の虫歯)

象牙質の虫歯エナメル質の下にある象牙質が虫歯になった状態で、神経の近くまで進行することによって、痛みやしみを感じようになります。

柔らかい組織である象牙質は虫歯の進行が早いため、できるだけ早い処置が必要です。最小限の切削に努め、切削後の歯の修復には患者さまのご要望や症状に適した素材・治療法をご提案します。

拡大視野での的確な切削

拡大視野

歯を削る際には、マイクロスコープや歯科拡大鏡を用いた拡大視野の下で精度の高い処置を実施します。拡大視野によって無駄な切削や虫歯の取りこぼしの防止に努め、健康な歯質を少しでも多く残せるよう心がけています。

マイクロスコープ精密治療ページへ

痛みに配慮した処置

痛みに配慮した処置

虫歯の感染範囲にもよりますが、象牙質は神経に近いため、歯を削る際に痛みを伴う可能性が高くなります。当院ではできるだけ痛みの少ない治療を実現するため、麻酔注射の痛みの緩和にもこだわっております。

痛みを抑えた治療ページへ

適切な審美修復治療

審美修復治療

削った部分の歯質の修復には保険適用をはじめ、自費で製作する素材や修復法を豊富に取り揃えております。審美性・機能性を兼ね備え、虫歯の再発を抑える適合性にもこだわった精密なつめ物・かぶせ物の製作に努めております。

審美治療(つめ物・かぶせ物)ページへ

コーティング材を使用して低侵襲なむし歯治療を

コーティング材

むし歯治療の際は歯を削る場合がほとんどです。極力その削る部分が少なくなるようにマイクロスコープなどを用いたり努力するようにはしますが、ひどいむし歯の場合はどうしても広範囲を削ってしまうことになります。一般的なむし歯治療では、その削った部分に、土台を形成して、その上にセラミックや銀歯などをかぶせて治療完了です。

しかし、削ったデリケートな部分に直接硬い土台をかぶせてしまうと、あとで痛みが出たり、削った部分が傷ついたり割れたりする場合があるのです。むし歯治療したはずなのに、何年後かにまた再発orひどくなって抜歯なんてケースもあります。そうならないために当院では、削った部分と土台の間に「クッション・コーティング材」と呼ばれるもので、コーティングを施して、その上に土台や銀歯・セラミックをかぶせていきます。地味で目に見えない部分ですが、これが長い目で見た時に非常に重要なことなのです。

※保険適応外となります。ご相談ください。

C3【神経にまで進行した虫歯】

神経にまで進行した虫歯虫歯が歯の内部に存在する神経(歯髄)にまで進行した状態です。神経が炎症を起こしているため、何もしないでも痛みを強く感じます。症状を改善するためには、虫歯菌に感染した神経を取り除く「根管治療」が必要となります。

根管治療に伴い、歯の大部分を切削するため、咬み合わせを回復する際には土台の歯にクラウン(被せ物)を装着します。C3の状態がさらに悪化すると、抜歯と診断される可能性も高くなりますので、できるだけ早めに根管治療を受けましょう。

精密根管治療

根管治療は、虫歯菌に感染した神経や血管を綺麗に取り除き、歯内を洗浄・殺菌することで症状の改善を図ります。歯内に細菌が残っていると、数年後に再発する可能性が非常に高くなるため、精度の高い処置が必須となります。井上歯科医院では、マイクロスコープや有用性の高い器具・用品を駆使した精密根管治療を行い、再発率リスクの軽減に努めております。

精密根管治療ページ>>

C4【歯根のみが残った末期の虫歯】

歯根のみが残った末期の虫歯歯の大部分を欠損し、歯茎より上に歯質がない状態の虫歯です。多くの場合、根管治療によって神経を取り除いているため、痛みを感じる事はほとんどありません。

しかし、状態が悪化すると歯根の先端に膿が溜まり、顎骨を溶かすなどの深刻な問題が生じるため、やむえず抜歯となる場合もございます。抜歯となった場合には、インプラントや入れ歯治療によって、咬み合わせの回復を行います。

※抜歯を回避出来る可能性がある場合には、再度根管治療や外科的な処置を施し、症状の改善に努めます。

歯根端切除の実施

歯根端切除

歯根の先端部分に膿が溜まる症状の改善には、歯肉を切開し、溜まった膿の摘出と感染した歯根部分を切除する歯根端切除術を実施します。

入れ歯治療

入れ歯治療

患者さまのご要望に適した素材を使用しております。入れ歯専門の技工士との連携によって、満足度の高い快適な入れ歯の製作に努めております。

入れ歯・義歯ページ

インプラント

インプラント

事前の精密検査やシミュレーションを徹底し、リスクを抑えたインプラント治療をご提供致します。埋入後のメンテナンスやアフターケアもお任せ下さい。

インプラントページ

神奈川県藤沢市で歯の保存に努めた的確な虫歯治療をご希望の方へ

虫歯治療

井上歯科医院では、患者さまの天然歯の保存を第一に考え、虫歯の進行状態に最も適した治療法のご提供に努めております。神奈川県藤沢市にて、歯の保存に努めた低侵襲な虫歯治療をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る