痛みを抑えた治療|藤沢の歯医者|井上歯科医院

新型コロナウイルスについてのお知らせと患者様へのお願い

インプラント・入れ歯・精密根管治療 / 5年保証

抜かない治療にこだわります

神奈川県藤沢市藤沢1044-36 Primavera3階

痛みを抑えた治療

井上歯科医院では治療に伴う負担の緩和に努めています

無痛治療

歯医者に行かなければならないのはわかるけど、歯医者って痛いし、怖いし、なにされるかわからない!しかもキーンって・・・。この気持ち、ものすごくわかります。僕(院長)も業界に入る前は歯医者さん、大嫌いでした!笑

だからこそ、井上歯科医院に通われる患者さまにはそんな思いをできるだけしてほしくないという気持ちは強いです。できるだけ、痛くないように、「歯科微痛治療」という分野にこだわりをもっています!

麻酔注射の痛みを緩和するための対策

歯科治療での痛みの代名詞と言えば「麻酔注射」を思い浮かべる方が多いと思いますが、昨今ではほとんど痛みなく処置が可能となっています。麻酔の痛みを緩和するため、当院が実施している対策をご紹介致します。

塗布型の麻酔で痛みの緩和

塗布型の麻酔

当院では麻酔注射の前に「塗る麻酔」を使用し、感覚を麻痺させてから注射を行いますので痛みはほとんどありません。これは表面麻酔と呼ばれるもので、塗った部分に麻酔が効くようになります。味もバナナ味ですので薬の味がせず、小さなお子さんにも人気です。

極細針を使用します

極細針

注射針のサイズにもこだわっています。注射針は細ければ細い程、痛みを抑えることができるため、当院では現在販売されている中で最も細いものを使用するようにしております。表面麻酔と併用することでより痛みを緩和することが可能です。

電動麻酔器の使用

歯科医師

注射をするときに、麻酔液を親指で注射器を押して入れていく時に、一気にビュッと入れると、痛みが生じます。これをゆっくり、ジワジワ一定のペースで入れていくとその痛みは生じません。ゆっくり、ジワジワ、丁寧に、慎重に、注入するために電動麻酔器を使用した麻酔注射を行います。

使用前に麻酔液を温めて注入します

麻酔液は冷蔵保存をされていますので、冷たいままで体内に注入すると体温との温度差が原因で痛みを感じやすくなります。

井上歯科医院では、使用前に麻酔液を温めることで少しでも注入時の痛みが和らぐように努めております。

治療に伴う心身的負担を抑えるための対策

井上歯科医院では快適な治療のご提供を目指し、麻酔注射の痛みの緩和だけでなく、他にもさまざまな工夫や対策によって治療に伴う心身的な負担の軽減に努めております。

患者さまの事をしっかり理解する

患者さまとのコミュニケーションこれまでの治療で恐怖を感じた事や麻酔注射との相性などをお聞きして、その情報を考慮した上で適切な処置を実施致します。

また、しっかりコミュニケーションを取る事で、不安や緊張を和らげ、落ち着いた状態で治療を受診していただけるよう心がけております。

拡大視野下で精密な処置

拡大視野歯の削る範囲が大きければ、その分痛みも強く感じることになります。

当院ではマイクロスコープや歯科拡大鏡を用いた精密な処置を行い、出来るだけ痛みを感じないよう最小限の切削を心がけております。

できるだけ削らない治療ページ>>

予防型の歯科利用を推奨

予防型の歯科どれだけ痛みや精神的負担に配慮しても治療を行う以上は、完全に痛みを無くすことは困難です。しかし、虫歯や歯周病にならなければ痛みを感じる「治療」を行う必要がありません。

当院では定期健診や歯のクリーニングを推奨し、病気の発症を未然に防ぐ予防に力を入れております。

予防医療・歯周病ページ>>

炭酸レーザーを駆使した低侵襲な治療をご提供

炭酸レーザー「歯医者さんは痛いところ」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、どうぞご安心下さい。当院では歯科医治療に炭酸ガスレーザーを用いて、できるだけ痛くない・抜かない・削らない治療を行うことができます。

また、レーザーを使用により、歯ぐきの切除や切開をほぼ出血のない状態で行うことができたり、傷の治りを早めたりといった効果もあります。さらに、歯周病や知覚過敏、顎関節症などによる疼痛を抑えることにも使用することができます。

レーザー治療の効果

鎮痛 痛みを和らげる
殺菌 消毒効果があり、根管治療などに有効
消炎 患部の炎症を抑える
止血 最小限の止血に抑えることができる

レーザー治療で行えること

レーザー治療による歯ぐき除去の症例(写真つき解説)

この患者さまは、虫歯で歯が痛いと来院されました。患部を見てみると虫歯がありましたが、虫歯部分の歯肉も腫れており、この腫れた歯肉が虫歯部分にかぶさっていたので、虫歯除去よりも先に腫れた歯肉の除去が必要でした。

歯茎の腫れ

▲歯ぐきが腫れています。白い所が腫れた歯肉です。その上の茶色っぽい部分が虫歯です。

レーザーで歯肉除去

▲レーザーがなければ、メスで切開しなければなりません。メスで切開すると出血が多く、また、治療後も大変痛みがでます。

麻酔

▲少しだけ麻酔をしますので、治療中の痛みはありません。また、レーザー治療の特性として治療後の痛みもほとんど感じられないので痛みに敏感であったり、歯医者さんが怖い方もご安心下さい。

マイクロスコープ

▲マイクロスコープ(肉眼の20倍以上に拡大して患部を確認できる歯科顕微鏡)を使って精密に処理していきます。マイクロスコープで確認しながら進めないと、余計な部分までレーザーを当ててしまったり、詳細に患部を確認しながら進めることができません。

マイクロスコープ精密治療について>>

歯肉ぐき去完了

▲腫れた歯肉の除去が完了です。ご覧の通り、出血はありません。焦げている状態も2日程度で自然に治ります。これがレーザーを使用せず、メスを使用した除去であれば、出血は避けられません。

詰め物の適合性を向上

▲腫れた歯ぐきの部分だけでなく、歯の周りの歯ぐきも少しだけ除去することで、歯の周りがよく見えるようになります。これは、これから詰めていくつめ物の適合を良くするための1つのポイントです。ほんの少しであり、微妙な部分ですが、これを行うか行わないかで、そのつめ物が長持ちするか、再び虫歯にならないか決まる重要なポイントなのです!

治療後

▲きれいにつめ物(レジン充填といって、歯科プラスチックを用いたつめ物)を適合させることができました。ここまでほぼ痛みや出血はありません。これはレーザー治療器がないと行えません。

神奈川県藤沢市で痛みを抑えた治療をご希望の方へ

痛みを抑えた治療

このように井上歯科医院では、治療に伴う痛みや精神的負担の緩和に力を入れており、痛みに敏感な患者さまや恐怖心の強いお子さんにも大変好評をいただいております。神奈川県藤沢市にて、心身的負担が少ない快適な歯科治療をご希望の方は、ぜひ当院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る