むし歯治療(MTAを使用した後、レジンコーティング)の説明|藤沢で歯医者を探すなら井上歯科医院

診療時間

藤沢駅からのご来院方法(道順)はこちらから

完全予約制
  • お問い合わせ
  • メール予約

0466-29-2018

藤沢駅北口から8分 神奈川県藤沢市藤沢1044-36 Primavera3階

むし歯治療(MTAを使用した後、レジンコーティング)の説明

投稿日:2014年2月8日

カテゴリ:院長ブログ

 みなさん
こんにちは、本日は大雪、吹雪の中にも関わらず多くの患者さまにお越しいただき
感謝!感謝!でございます
今日は、井上歯科医院での説明をすこしだけご紹介しますね

この患者さまは、右下に大きなむし歯(神経まで及んでいた)があり、前回の治療で
MTAという特殊な材料を使用して神経の保護をしました。
本日、麻酔をしてセメントを取りレジンコーティングをしてセラミックスの形を取りました。

この治療は、保険外診療(自費治療)です
 
    右下6の説明-150x150 

これからする治療の説明です。

患者さまとどこがどうなっていて

どうするのかをあらかじめ

お話しました

パソコン上のレントゲンに書きながら説明してます

「MTAと神経が付いている(すなわち神経が出ていたんです)

ですが、お食事などしても痛みがなく、レントゲンでも異常な症状が

ないのでこれから麻酔をして、仮に詰めていたセメントを取り、消毒をして、特殊な

接着剤をしようして、レジンコーティング(保護材)をして、

セラミックスの形、かみ合わせ、歯の色の写真を取ります」と

お話が終わってから治療開始です

歯の神経付近までMTAが入ってます。その上にセメントで蓋のして様子を

見てました。

麻酔をしてます

右下6の説明-1-150x150

 

セメントを取り、MTAを残したところです
右下6の説明-2-150x150
 

消毒をして特殊な接着剤を塗ったところです

 
右下6の説明-3-150x150
 

レジン(樹脂)を足して、MTAの上に神経や象牙質を保護する

レジンコーティングをしているところです

右下6の説明-4-150x150
 

レジン(樹脂)がきれいに象牙質をカバーして、

レジンコーティングが完成したところです
 

 右下6の説明-6-150x150

むし歯が歯ぐき近くまで進んでいたので

レーザーで歯ぐきをきれいにしたところです

 
右下6の説明-8-150x150
 

以上のことをしてから歯がた(セラミックスの準備)、かみ合わせ、歯の色写真をとり

技工士(うちでは、保険外診療は、保険外診療専門の先生に作製して頂いてます)

やっと次回、出来てきたセラミックスの歯を接着できるのです。

 

精密さ・治療ステップ・材料・時間など手間かけてます!

初めてこのような写真を見た方は、びっくりしたかもしれませんが

井上歯科医院では、このような治療をしています

歯医者さんも進化してるんですよ!

 

外は、もう大雪です

みなさん、けがしないでくださいね!

今日は、これで失礼します

月曜日からもよろしくお願いいたします

井上でした