安心・安全なオペ|藤沢で歯医者を探すなら井上歯科医院

診療時間

藤沢駅からのご来院方法(道順)はこちらから

完全予約制
  • お問い合わせ
  • メール予約

0466-29-2018

藤沢駅北口から8分 神奈川県藤沢市藤沢1044-36 Primavera3階

安心・安全なインプラントの為に

安心・安全なインプラント治療のために3つの必要なこと

治療計画について、事前に患者さんと医師がしっかり話し合うこと
治療計画の提案を基に患者さまとお話をし、治療計画の確認や修正を行なったうえで、最終的な決定がされます。患者さまがインプラント治療やアフターケア、治療費などについてしっかり理解・納得しているかが重要です。当院では、すべてにおいて、治療を開始する前にしっかり患者さまとお話をし、すべて理解・納得のうえで治療を開始します。

問題点の抽出を徹底的に行うこと
患者さまの体質や服用している薬について、口腔内所見、レントゲン、CT画像、歯周検査、口腔内写真、咬合の状態チェックなど、歯や体質を取り囲む様々な事を考えなければなりません。これを怠ると確実に手術は失敗に終わります。当院ではこれら全てを事前に検査します。場合によってはお断りをさせていただくこともありますが、ムリに治療しないことが大切です。ムリに行うと事故や手術ミスの原因となります。

最新の医療機器、設備、医師の腕や症例数
正確な事前診断を行うには、CTやレントゲン画像による検証が必要です。手術自体も人的ミスを防ぐための補助ガイドシステム、心電図などが必要です。そしてなにより、医師の確かな技術・経験が大切です。当院ではこれらすべての医療機器を保有しております。また、オペを担当するドクターは海外研修や国内の勉強会に積極的に参加して日々、インプラント治療の向上に努めております。

インプラント事故防止のために

インプラントの画像昨今、インプラント治療による事故・手術ミスが増えてきています。そのため、インプラントを避ける患者さまも増えてきているとききますが、大変残念なことに思います。

インプラント事故や手術ミスが増えた原因は、知識、技術、設備のない歯科医師が自身の利益のために、自身の技量を超えたケースをムリに取り組んだ結果です。本来、イン プラントは歯科治療先端国アメリカでも多く取り入れられ、安全性が認められたものなのです。

もちろん、外科的治療(手術)をともなうものなので100%間違いなく絶対に安全なものではありませんが、患者さまの持病、体質などまで徹底的に検査、診断、適切な手術を行えば成功率は97%を超えます。

また、歯を失った場合の選択肢としてインプラントのほかに、ブリッジや入れ歯などの選択肢もありますが、どちらも健康な歯を削ったり負担をかけることが避けられません。その点インプラントであればそのようなことはありません。

インプラントは徹底した検査診断、熟練した技術をもって行えば、現在行える歯を失った場合の治療としては最高の選択肢であると言えます。

しかし、当院ではムリにインプラントをおすすめすることは絶対にしません。治療費も高額となりますし、メインテナンスに定期的にきていただくことが条件となるからです。

でも、「インプラントを希望される患者さまには安心して受けていただきたい」という気持ちから、最新の設備、最先端技術の取得、徹底した検査診断を行うことに対してこだわりをもっております。

安心、安全なインプラント治療のために

歯科用CTを使用したインプラントの画像歯科用CTスキャンの登場によって、3次元立体画像での高精度な診断が可能になりました。

インプラント治療を適切に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です?。より安全で無理のない治療を進めるため、当院では、CT撮影を行い、最先端のコンピュータシステムを駆使して、顎の骨の状態を見ながら治療計画を立てます。

患者さまの顎骨の形状は?神経との距離は?など様々なる診断ポイントが浮上しますが、3D画像であればそのようなポイントにも対応できます。?

当院の3DCTシステムは、SIRONA社ORTHOPHOS XG 3Dというもので、たった1回の撮影でほぼ顎全体の撮影が可能です。そのため日常診断の様々な検査・診断に使用することができ、迅速な診断と低被ばくを同時に実現するのができます。

また、パノラマやセファロ(矯正用)レントゲンで撮影した画像は、ほとんどの診断場面でも十分な情報を提供できる高精細な画像が撮影できます。

(CTを使用したインプラント治療の流れについては安全インプラントの流れページをご覧ください)

より安全を考慮し、サージカルガイドシステムを使用します

検査・診断だけでなく手術時にも注意が必要です。思っていた位置よりも穴がずれてしまった、深く穴を空けすぎて神経を傷つけてしまったなどの手術ミスはあってはなりません。

当院が採用する「SICATシステム」は、術前にCT撮影し、得られた骨や神経、血管などの画像を基にコンピューター上でインプラントの埋める位置をシュミレーションします。その情報よりサージカルガイド(手術用マウスピース)を製作します。(サージカルガイドを使用したインプラント治療の流れについては安全インプラントの流れページをご覧ください)

サージカルガイドを使用したインプラント治療の画像